通学路の総点検・調査を求める緊急要望を行いました!

  • HOME
  • ニュース
  • 通学路の総点検・調査を求める緊急要望を行いました!

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、大阪市北区や高槻市などでは震度6弱の揺れを観測しました。高槻市では、市立寿栄小学校のプールのブロック塀が通学路側に倒れ、登校途中の小学校4年生の女児が下敷きとなり死亡するという大変痛ましい事故がありました。これを受けて、区議会公明党は早速、竹内 進幹事長名で21日の本会議開会前に多田正見江戸川区長に「通学路の総点検・調査を求める緊急要望書」を提出し、早急に区内の通学路をはじめ学校の耐震化について外壁も含め総点検を行うよう要望しました。
これを受け多田区長は総点検・調査を実施し、対策を進める意向を明らかにしました。